新人理学療法士に密着!【2年目の2人にインタビューしてみた!】

理学療法士 新川さん・宮里さん

#ロクトで働くヒト #理学療法士2年目 #インタビュー

ロクト整形(以下、当院)では、怪我や疾患に対する治療の1つとしてリハビリテーションを重要視している。そこには多くの専門職のスタッフが携わっているのだが、医師の診断のもと、患者さんの状態評価や施術、運動プログラムの提案などの役割を担っているのが「理学療法士」だ。今回は2022年4月に入社した新川さんと宮里さんに密着。入社して1年がたった2人はいま、どんな想いで仕事をしているんだろう?若手ならではの素直な気持ちを聞いてみた。


 


理学療法士2年目・新川さん

金城大学 医療健康学部理学療法学科(石川県)卒業後、2022年4月にロクト整形に入社。



中学生のころお世話になった理学療法士さんとの出会いをきっかけに、この仕事を目指したという新川さん。
今でもその時の理学療法士の方の名前や顔、表情を鮮明に覚えているくらい印象の強い出来事で、自分の人生のターニングポイントだったと話してくれました。


ーQ.ロクト整形に入社した決め手は?

【A】理学療法士の就職先には色んな選択肢がありますが、1年目から大きい総合病院ではなくクリニックで働くというケースは珍しいのではないかと思います。実際、私も大学時代の先生に総合病院を勧められていましたが、やっぱりクリニックで働く理学療法士への憧れが強かったので、クリニックで働くという道を選びました。その中でも、ロクト整形は知名度も高く、来院される患者数も多いと聞いたので、まずは大きいところで経験を積みたいと思い応募しました。


ーQ.実際に現場で働いてみて、苦労したこと・大変だったことは?

【A】大きいクリニックであるがゆえに、やはり毎日沢山の患者さんを対応しなければならないことです。入社して半年ほどで自分の担当患者さんができるようになってからは、毎日1人ずつ増えていっているような感覚で…。でもこんなに多くの患者さんを対応できるのは自分自身の経験値を高めるチャンスだと思うので、それを今はポジティブに捉えて頑張っています!

ーQ.では逆に、この仕事をやっていて良かったと感じる瞬間は?

A.患者さんの体の状態だけではなく、気持ちの面も変えることができたと思った瞬間がとても嬉しいです!最近、手術後間もない患者さんを対応した際は、始めは表情も暗く、施術しようとしても怯えてしまって触れないような状態だったのですが、リハビリを重ねるうちに体の状態だけでなくしだいに表情も明るくなっていって、最後には笑顔も見せてくれました。
私は1年目なので、知識とか技術面は先輩方に及ばないですが、言葉一つ、接し方一つで患者さんのメンタル面を変えることができるんだということを実感しました。

ーQ.今後どんな療法士になりたい?

【A】患者さんからの信頼はもちろんなのですが、周りのスタッフ(療法士や他部署の方)からの信頼もある療法士を目指していきたいです。また「ロクト整形」というブランドに頼らず、「新川さんがいるから通いたい」と言ってもらえるような療法士になっていきたいです。

ーQ.オフの日の過ごし方も教えて!

【A】大学時代からサウナにドハマりして、今でも休日はサウナに行って体と頭の疲れをとり、リフレッシュしています!あとは県外にいる大学時代の同期とよくズーム飲み会もしていて、そこで近況報告しあったり、良い息抜きになっています。


サウナに行った時の写真も見せてくれました!


理学療法士2年目・宮里さん

琉球リハビリテーション学院  理学療法学科卒業後、2022年4月にロクト整形に入社。


学生時代に怪我でロクト整形に通院していたことや、両親がリハビリに通っていたこともあり、しだいに「自分も誰かの怪我や痛みを治したい」と思うようになったと話す宮里さん。患者さんに笑顔で対応している、優しい表情がとても印象的でした。

ーQ.ロクト整形に入社した決め手は?

【A】県内の整形外科というのは決めていたので、=ロクト整形かなとは思っていました。尚且つ、県内でこんなに多くの患者さんを対応できるクリニックはあまりないという事も聞いていたので、その二つが応募する決め手になりました。


ーQ.実際に現場で働いてみて、苦労したこと・大変だったことは?

【A】やっぱり最初は、現場のスピード感についていくのが大変でした。知識も経験も少ない中、短時間で患者さんの状態をチェックして施術までしなければいけないため、慣れるまではとても苦労しました。また、患者さんが多い分色んな疾患の方がいるので、知識をつけるのが大変でした。なので、分からないことがあったときは先輩療法士に相談したり、お家で事前に調べてから施術に入ったりしています。

ーQ.では逆に、この仕事をやっていて良かったと感じる瞬間は?

【A】患者さんの体の状態が良くなっていることが目に見えて分かるようになってきた時や、逆に患者さんから「良くなってきたよ~!」と言ってもらえた時がやっぱり嬉しいです。理学療法士は大変なことも多いけれど、この仕事を選んでよかったなと思っています。けれどまだまだ納得できないことも多いので、これからが頑張りどころだなと思っています。

ーQ.今後どんな療法士になりたい?

【A】患者さんの体の状態を治すだけではなくて、心の面もケアできる理学療法士になりたいです。「ロクト整形に来たら心が楽になった」と感じてもらえると嬉しいです。施術のことも考えながら患者さんと会話をすることは難しいですが、今は出来るだけ患者さんの話を沢山聞いて、コミュニケーションをとるようにしています!

ーQ.オフの日の過ごし方も教えて!

【A】以前まではお家でゆっくり過ごすことが多かったですが、最近は友達とドライブやカフェに行ったり、自然のある所に足を運んでみたりと、外に出かけるようになりました。また、趣味で読書と勉強も始めてみました。特に読書は周りの知人に「読んだ方が良いよ~!」と勧められてから読むようになったのですが、今は仕事に関する本以外にも自分の知識や考えが広がるようなジャンルを読んでいます。

最近海に行った時の写真を見せてくれました!

施設見学のお申し込みも受付中!

只今、当院では施設見学のお申し込みも受け付けております。お気軽にお問合せ下さい(^^)

▶ 見学申込はこちら

 

おすすめ記事

▶ 「新人療法士のリアルな1日」

▶ 「ロクトの療法士のコトもっと知りたい!」

前の記事へ 一覧へ 次の記事へ