帯同報告

那覇西高校サッカー部の全国高校総体 帯同報告

こんにちは!理学療法士の安村です。
今日は、7月26日(金)から開幕した全国高校総体に那覇西高校サッカー部トレーナーとして参加してきましたのでご報告します^^

主に選手のコンディショニング調整・テーピング・ケア等を行いました。

地元開催ということもあり、選手・スタッフはもちろんトレーナーである私もいつも以上に気合いを入れて試合に望みました。
試合は7月27日(土)の12時開始、新潟県代表の北越高等学校との対戦でした。

結果は0-1で2回戦敗退と悔しい結果となりました。
この試合を経て、全国の壁は想像以上に高く「勝てるチーム」になる必要性を感じ、トレーナーである自分も那覇西高校サッカー部が成長できるように今まで以上にサポートしていかなければならないと感じました。

また、全国チームの試合を観戦していると、沖縄県内チームとの差を感じ、フィジカル面やアップ・クールダウンのやり方等、まだまだ県内チームには足りない部分があると痛感しました。
県内チーム全体へフィジカル面やケアの仕方などの指導ができれば、ケガのリスクを抑え沖縄県内のサッカーレベルの底上げになると思います!そのためにも、院内外での指導を続けることの重要性を再認識しました。

前の記事へ 一覧へ