PRP外来について

PRP外来

PRP療法とは

 患者様ご自身の血液を採り、血液中の血小板を取り出して加工し、痛みのある患部に注入をする方法です。
 血小板の修復作用を利用することで抗炎症作用損傷した組織の再生が期待されます。

PRP療法で治療効果が期待できる症状

治療効果や効果の持続期間には個人差があります。
治療部位や症状により効果が出る回数も変わりますので、
PRP担当医とご相談して決定していきます。
 例)変形性膝関節症    注入回数目安

 PRP療法のメリット

 

スポーツ障害でお困りの方

1.スポーツ現場への早期復帰が期待される

2.プロアスリートからアマチュア・部活動生

 まで対象者幅広い

3.様々な治療選択肢の一つとして

ひざの変形・痛みでお困りの方

1.手術以外の治療選択肢

2.入院不要

3.副作用のリスクが低い保存療法 

注意事項

  • PRP療法は自費診療(保険適応外)となります。
  • 治療前の診察結果によりPRP療法を施工しない場合があります。
  • がん・自己免疫疾患治療中やステロイド薬を服薬中の方はご案内ができない場合がございます。

治療計画

 STEP1.PRP外来受診

【1】PRP治療計画相談
 PRP外来にて治療計画をしっかり相談した上で次のステップに進みます。
 相談のみの場合は相談費用が発生いたします。

【2】治療前検査
 患部の事前検査のためMRI等必要な検査をします。
(検査の内容により何度かご来院する場合があります。)

 STEP2.血液採取

 次の来院時に採血をして検体加工をします。

 

 STEP3.PRP注入

 加工された検体を患部へ注入いたします。
 PRP療法の種類により施術する注入日が変わります。

 注入当日は、激しいスポーツをはお控えください。
(激しいスポーツの開始目安:注入後3日後) 

PRP療法の種類

 当院は2種類のPRP療法をご提供しております。医師とご相談の上、ご本人様の希望にて選択が出来ます。
  

PRPーLP 名称 PFCーFD
(PRPーFD)
院内加工
目安時間30分
注入の目安時間 血液採取より
3週間後~
  • 採血当日注入可能

※作成に使用する医療機器は、厚労省より安全性が認められたものを使用

ポイント
  • 採取した検体を加工業者へ作成依頼をしパウダー状のものに変換。
  • 1回の検体採取で2回分の注入用キット作成可能
  • 保存期間6か月と長期保存可能

費用のご案内

  PRPーLP PFCーFD
(PRPーFD)

治療前検査費用

保険診療内
※適応の可否も含めて必要検査により料金が変わります。

PRP治療計画相談費用

¥5,500

PRP実施費用
※血液採取日に全額お支払いいただきます。

¥82,500/1回分 ¥165,000/2回分

  • 税込み価格
  • 各種カード・電子マネー支払い可能。
  • 医療費控除申請可能。

PRP外来予約(完全予約制)

PRP外来の治療は、ロクト整形Az(那覇市奥武山)のみでのご案内となります。

曜日 火曜日 水曜日 木曜日 土曜日
時間 14:30
16:30
11:00
14:30
担当医 石塚 大城 富原 第1・3・5週
石塚

第2・4週
富原

 PRP外来の診療予約はこちら 
 TEL 098-858-6910
 ※診療予約時に必ず、”PRP外来受診希望”とお伝えください。
  

PRP外来Q&A

PRP療法はどの位の期間で効果が表れますか?

・治療部位にもよりますが、変形性膝関節症だとおおよそ3回程度打つと効果が出てくるというデータがあります。また、腱などは受傷の程度にもよりますが2回ぐらいで効果が感じられるといわれます。
 (効果については個人差があります。)

治療後、どれぐらいでスポーツ復帰は可能でしょうか?

痛みの程度によりますが、施術後、基本的に日常生活には支障はなく、仕事も可能です。ただし、患部を動かす激しい運動(スポーツ)に関しては、3日後を目安としていただければと思います。

何歳から受けられますか?

基本的に何歳からでも受け入れは可能です。初回治療相談時、本治療が必要の可否をしっかり説明や検査を受けていただきメリット・デメリットをご理解した上で治療へご案内いたします。18歳未満の方は、必ず保護者を同伴の上ご来院ください。

現在、飲んでいる薬によって受けられない場合がありますか?

原則として、癌・免疫機能低下症等の免疫に関する疾患を治療中の患者様はお受入れしておりません。また、ステロイド薬を内服されている方は担当医師との相談が必要となります。

PFCーFDの2本目はどれぐらい保存が可能ですか?

作成後、おおよそ半年間は保存有効期限となっております。

PRPの安全性は?

 治療にはご自身の血液を用いるため、アレルギー反応の起きる可能性は極めて低いと考えられます。また、採血と注射のみの治療のため、お身体への負担も少なくて済みます。PRP-LPに関しては、院内での清潔エリアにて、厚生労働省より安全性が認められた機器を使用し加工いたします。

PRP外来初回時に持ってくるものは何ですか?

・保険証 ・お薬手帳(基礎疾患等の内服あれば) をご用意ください。

PRP外来予約のキャンセルはいつまで可能ですか?

遅くとも施術2日前までにご連絡をいただければと思います。また、本治療に対して血液を採取するまでは基本的に実施費用は頂きません。血液検体を採取した後は、当日全額お支払いとなりますのでご注意ください。

PRP注入後のQ&A

注入当日の禁忌事項

激しいスポーツ・入浴はお控え下さい。ただし、患部の清潔を保つためにシャワーのみ可能です。

PRPを注入後、患部がとても痛いのですがどうしたほうがいいですか?

痛みや腫れはPRPの最大の特徴である抗炎症作用を発揮するにはとても大切な作用のため、そのような現象があらわれるものとご理解ください。
 施術後、おおよそ3日程度は痛みがでることがありますが、もし辛い痛みが続くようでしたら市販の痛み止めをご利用ください。また、痛みなどに対して不安があるようでしたら当院受診をお勧めいたします。